Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/wkfinance01/star-lab.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
似た物同士のカードローンとキャッシング、使い分け方のご提案! | 三菱東京UFJ銀行カードローンよりも審査が速いお勧めの会社

カードローンとキャッシング、使い分け方

似た物同士のカードローンとキャッシング、使い分け方のご提案!

お金が足りないときの切り札として、カードローンを活用されている方も多いことでしょう。コンビニのATMと提携しているカードローンであれば、コンビニに駆け込むことでいつでもお金を借りられます。急な出費にも対応できて、大変便利です。

ところで、カードローンのこのような特徴を聞いて、ある別のサービスのことが思い浮かんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。似たようなサービスとして「キャッシング」がありますね。これもまたカードを使って、ATMなどからお金を借りることのできるサービスです。カードローンと同じく、少額からでも利用できます。お金が足りないときの借入手段に、キャッシングのほうを活用されている方も多いでしょう。

さて、カードローンとキャッシング、並べて比べてみると、両者が大変よく似たサービスであることがわかります。実際にあまり違いがわからず、両者をほとんど同じものだと認識されている方も多いのではないでしょうか。

この点について、一応違いはあるものの、両者ともに追加のオプションなども整備されてきて、カードローンをキャッシングのように、またキャッシングをカードローンのように使うこともできるようになってきました。この点を加味すれば、両者が似たようなものであるというその意見も、あながち間違いとまでは言えません。

ですが、両者には一応違いがあります。そのことを理解すれば、カードローンとキャッシングで使い分けをしたほうがよい部分もあることがわかります。一見すると違いが分かりにくいですが、一応の違いを理解し、ときには使い分けることも考えましょう。

両者の違いというのは、金利です。カードローンとキャッシングでは、想定されているサービスが微妙に異なっているため、金利に差が見られることがあります。

カードローンというのは、「ローン」という言葉が示す通り、比較的長期に渡る金銭の借入を想定されているサービスです。それゆえに、カードローンが想定しているのは、一度お金を借りたら、ある程度の長期スパンに渡って、それを分割で返済していくというスタイルになります。

一方のキャッシングというのは、お金を借りるところまでは同じですが、それをすぐに返すスタイルが想定されています。基本的には、キャッシングは長期スパンでの貸付が想定されていないサービスになります。

金利というのは、貸付期間が長くなるほど金利が低く、短いほど高くなる傾向があります。したがって、金利を比べると、キャッシングのほうがカードローンよりも金利が高くなることが多いのです。

カードローンだけの特徴として、最初の審査に通ってしまえば、保証人も審査もなしでお金を借りることができるということがあります。それゆえに、カードローンの金利はローンの中では比較的高めに設定されていることもあるのですが、それでもキャッシングのほうが金利が高くなることが多いのです。

具体的に言うと、カードローンの金利は10%台であることが多いのに対し、キャッシングでは20%台の金利が設定されていることも珍しくありません。

ではカードローンとキャッシングのどちらをどう使うのがよいのかというと、キャッシングの金利で一括払いができるならキャッシングを、それが無理であるならカードローンを、という風に使い分けるのがオススメです。金利は高くても、一括で返済したほうが、総じて利子が小さくなるからです。

一見すると似たようなものに思える両者ですが、金利や返済方法などに注目し、より有利になるように使い分けてください。