Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/wkfinance01/star-lab.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
借入を上手に使いこなすために知っておきたい、銀行総量規制のお話! | 三菱東京UFJ銀行カードローンよりも審査が速いお勧めの会社

借入を使いこなす、銀行総量規制のお話

借入を上手に使いこなすために知っておきたい、銀行総量規制のお話!

お金を借りる方法として、たいへん便利なのがカードローンではないでしょうか。必要があったときにすぐ現金を調達する方法として、この手軽さに匹敵するサービスは他にあまり見られません。

現在利用されている方も多いと思いますが、これらのサービスを利用する上で、ほとんど避けては通れない話があることをご存じでしょうか。

それは総量規制というものです。これはお金を貸し付けるサービスを行なっている者は、お金を貸し付ける相手の年収の三分の一の額までしかお金を貸し付けてはならないという規制です。かつて借金で身持ちを崩す方が多かったため、このような法規制が作られました。

柔軟に資金を借り入れられるように思えるカードローンも、この規制が適用されます。ゆえに、どれだけ融通の利きやすいサービスといえども、年収の三分の一までの額しか借り入れることができません。当然、カードローンでどれだけの借入ができるかは、利用者自身の年収次第とも言えるのです。

とにかくお金を借りる必要のある方にとっては少し窮屈であるこれらの規制ですが、あわせて覚えておきたい話もあります。そのことについてお話したいと思います。

貸付サービスであれば基本的にこの総量規制の対象となりますが、一部対象とならないサービスもあるのです。それは、銀行が行なっている貸付です。銀行が行なう貸付については、この総量規制の対象とはならないため、年収の三分の一という基準に縛られない借入をすることも不可能ではないのです。

当然カードローンというものについても同様のことが言えます。消費者金融などが提供しているカードローンであれば年収の三分の一までの額しか借入できませんが、銀行が提供しているカードローンであれば、借入可能額に年収の三分の一という上限が機械的に設けられることはありません。

カードローンを上手に使いこなすためには、これらのことをよく覚えておきましょう。年収の三分の一以上の額を借入したいときは、銀行のカードローンを選べばよいわけです。

たとえば、比較的高額のローンでも組めるような年収がある方であれば、ときには年収の三分の一という基準にとらわれない借入を利用したいと思うときもあるでしょう。そのようなときは、銀行のカードローンの利用を優先的に検討しましょう。審査に通れば、消費者金融で利用するときよりも満足のいく使い方ができます。

また、借り換えやおまとめローンなどにおいても、総量規制の対象とならない銀行は有力な選択肢です。

金利がもっと低いローンに借り換えたり、複数のローンをまとめたいときなどには、新たなローンを組んで現在の借金を清算し、借入先を変更する方法が一般的ですが、このときも総量規制がネックになることがあります。

借り換えなどの目的で新たなローンを組もうとしても、すでに今ある借入額によってすでに年収の三分の一の基準に達しており、新たなローンを組めないということが往々にしてあります。消費者金融などでは、これらの理由によって審査に落とされることも多いのです。

これが銀行なら可能になるわけです。銀行なら総量規制の対象外ですから、現在の借入額に関わらずその他の部分で審査を通過することができれば、新たなローンを組める可能性があるのです。したがって、高額になる借り換えやおまとめローンについて、可能性があるのは銀行ということになります。

同じカードローンであっても、銀行が提供しているサービスにはこのような可能性があるわけです。年収の三分の一という額にとらわれたくない方は検討してみましょう。