Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/wkfinance01/star-lab.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
他社借り入れがあるときのカードローン審査、結果の一般的傾向! | 三菱東京UFJ銀行カードローンよりも審査が速いお勧めの会社

他社借り入れがあるときのカードローン審査

他社借り入れがあるときのカードローン審査、結果の一般的傾向!

カードローンというローンがあります。カードがあれば様々なシーンでお金を借入できますから、大変便利なものです。利用は最初に審査があります。この審査を通れば、カードがもらえます。

手軽さが強調されやすいカードローンですが、これもまた審査を通過できなくてはそもそも利用ができません。この点で言えば他のローンとまったく同じであり、多くの方から審査にあたっての不安の声が聞かれます。

そのような悩みの声の中には「今、他社からの借入があるのだが、カードローンの審査に影響するだろうか」というものもあります。実に悩ましい声ですが、これについてはどうなのでしょうか。

カードローン自体は、審査に通過すれば一定額を即座に貸付されるというローンではありません。カードローンにおける借入は、借入額も借入するタイミングも、すべて自分で管理することができます。実際にお金を借入するときには審査もないのです。

つまりカードローンにおける審査とは、このような形態で貸付されるサービスの利用資格に関する審査であり、審査に通過したからといって即座に借入を利用しなくてはならないわけではありません。だからこそ、その他のローンの審査に比べると多少基準が甘いように思えても無理はありません。他社からの借入があっても、カードローンなら通るかもしれないと思っている方もいらっしゃるでしょう。

他社からの借入がある場合、審査を通過できるかどうかはケースバイケースです。絶対にムリだとは言えません。借り換え目的などで他社からの借入を抱えたまま、新たにカードローンの利用を開始できる例もあります。

ですが、一般的な傾向で言うと、他社からの借入がある状態で審査を受けると、カードローンといえど通過が難しくなる傾向があります。

好きなときに少額からでもお金が借りられるカードローンからは、ローンにありがちな大げさな雰囲気を感じないかもしれません。ですが、これもまた立派なローンの一つであり、場合によってはかなりの額を借り入れることも可能なプランでもあります。

それゆえに、カードローンといえども審査を受ける際は、その他のローン一般で言われるような注意点をうまく押さえておくのが審査を通過するコツです。例えば、過去に滞納歴がないこと、年収が多いこと、職業が安定しており、勤務歴も長いことなどの条件があれば、審査を通過できる可能性が高くなります。

そのようなコツの中には、「現在負債を抱えていないこと」などもあります。現時点ですでに負債を抱えている方は、お金を貸した後で破産され、貸したお金が返ってこなくなるリスクが生じます。

そのため、カードローンの審査においても、現在抱えている負債は少額でもカウントされ、負債総額が大きかったり、借入回数が多かったりすると、たとえ年収が高くてもあまりよい印象にはなりません。したがって、他社の借入を抱えたままだと、総じて審査を通過しにくくなるのです。

他社の借入を抱えたままで新たにカードローンの利用を開始するのであれば、「ここで借り換えしたい」、「金利が低いので、今度からこちらを利用したい」などという明確な目的があって申請するほうがよいでしょう。それらの明確な目的がないのであれば、今抱えている負債を一回精算してから新たな利用を申し込むほうが自然です。