Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/wkfinance01/star-lab.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
絶対に知りたい借金の常識!滞納時に被るデメリットと取るべき対応! | 三菱東京UFJ銀行カードローンよりも審査が速いお勧めの会社

借金の常識、滞納時に被るデメリットと対応

絶対に知りたい借金の常識!滞納時に被るデメリットと取るべき対応!

お金を借りることのハードルはずいぶん下がりました。色とりどりの金融サービスが提供されていますから、借金をする際の選択肢も様々あります。

中でも、一般消費者にとって気軽に利用できるのが、カードローンと呼ばれる種類のものです。事前審査を通過できれば比較的自由にお金を借りられますので、使い勝手のよさでいえばナンバーワンでしょう。周囲に知られずに利用することも可能ですから、多くの一般消費者から支持されています。

このように、借金すらも便利に使いこなせる世の中になりましたが、それが借金であることは決して忘れないようにしてください。どれだけ形態や呼び方が変わっても、借金に対しての対応として知っておくべき常識は変わりません。

カードローンにおいては利用にかかるハードルがとても低くなっていますから、つい借りすぎてしまって返済が疎かになるという事例も起こってきています。気軽に借りられるために、それが借金であるとの意識が希薄になりがちです。借金は借金ですから、返すべきものを返さなかったとあれば、それは立派な「滞納」となります。

借金において滞納はご法度ですが、実際に滞納してしまうとどのようなことになり、どう対応すべきなのでしょうか。基本中の基本である「滞納」について、少しおさらいしてみましょう。

ドラマなどのフィクションの世界では、滞納に対して過激な対応が取られているシーンが有名ですね。滞納も度が過ぎれば厳しい対応を取られることもあるものの、一日でも返済が遅れたら即座にあのような過激な対応が取られるわけではありません。過激な対応のイメージが強く、返済対応がさらに遅れると余計に事態が悪化します。イメージで判断せず、落ち着いて対応しましょう。

短期の滞納の場合、対応によってはそこまで大問題にはならないことがほとんどです。ですが、借金はとにかく決められた返済方法を守るのがベストです。表面的には滞納が問題にならなかったとしても、実際はしっかりと信用を失っています。以後、改めて信用が問われる場面では、問題なく乗り切ったように思えるこれらの滞納がネックとなり、審査を通過できなくなることが多いのです。利用枠の増額や他のローンを組む予定がある方は、一度も滞納しないことが必要です。

なお、一度ならばそれほど問題にならないような短期の滞納も、何度も同じことを繰り返していると契約を見直されることもありますので注意してください。

短期の滞納に関しては、とにかく速やかに返済することで対応可能です。返済日の勘違いや失念といった手続き上のミスである場合、とにかく一秒でも早く返済しましょう。実際に返済手続きを終えるまでに時間がかかりそうなら、先に会社側に連絡をしておくとベターです。

もし資金に余裕がなくてすぐに返済できそうになければ、とりあえず会社側に相談しましょう。実際に返済を完了するのがベストですが、返済の意志と見込みを伝えるだけでも違います。誠意を持って話せば、猶予をもらえる可能性が高まります。

これらの対応によって滞納期間を短期で食いとめた場合、とりあえず当面はサービスを利用できますが、滞納が長期となると、かなり厳しい対応が取られることになります。だいたい目安となるのは滞納期間が3か月に及んだ場合です。この場合、悪質な利用者であると判断され、ブラックリストに載る可能性が高いのです。そうなってしまうと、以後はその会社から一切お金を借りられなくなり、他のサービスもまず利用できません。

滞納に関してはこのような流れになります。ブラックリストに載るような滞納をしないよう気を付けてください。