Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/wkfinance01/star-lab.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
クレジットカードとカードローン、両者の間にある決定的な違い! | 三菱東京UFJ銀行カードローンよりも審査が速いお勧めの会社

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードとカードローン、両者の間にある決定的な違い!

現代社会を見まわしてみると、ずいぶん便利な世の中になったと実感することも多いでしょう。これまでは絶対に実物を挟まなくてはならなかったやり取りも、情報のやり取りだけで終わらせることすら可能になっています。

そのようなものとして顕著なのは、金融サービスではないでしょうか。お金の情報だけをやり取りするサービスも増え、一体どれが何で、それらの中でどれがよいのか、実はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

ですが、ときにはハッキリ違いを理解しておきたいこともありますよね。特にお金に関するサービスの場合、よく仕組みを理解しないで利用すると、思っていたものとは違うサービスを利用してしまい、思わぬ出費が発生することもありえます。

混同されることの多いサービスとして、クレジットカードとカードローンがあります。この違いについて、少しご説明しましょう。

クレジットカードもカードローンも、どちらもお金に関するサービスだということは多くの方が理解されていると思います。クレジットカードを使えば現金がなくても買い物できる機会も多いですし、カードローンを使えば現金がなくても現金を手に入れられ、買い物をすることが可能です。どちらも自分で現金を用意しなくてもよいという点で共通しており、似たようなものに思えてしまうのも無理はありませんね。

この両者を区別するためには、一つの方法があります。似たようなものに思えるクレジットカードとカードローンですが、両者には決定的な違いがあるのです。

それは、買い物をする際に現金を使用する必要があるかどうかという違いです。

クレジットカードの場合、買い物のときにはカードを使用するだけで買い物を終えることが可能です。このカードの仕組みですが、代金を後払いで支払っていると理解するのもよいでしょう。カード会社が一時的に代金を「立て替えて」くれているわけです。クレジットカードを利用した場合、一時的に立て替えてもらった代金は、カード会社から後になって請求され、利用者はそこで立て替えてもらった代金を精算するわけです。精算方法には分割払いなども存在しますが、一括で精算されるケースが一般的です。

対して、カードローンの場合です。カードローンのカードとは、貸付サービスを行なっている銀行や業者から発行される、借入手続きのためのカードです。利用者はこのカードによって簡単にお金を借りることが可能ですが、このカード自体はそれ以外の用途に対して、基本的に使えません。当然お店で買い物をするときの代金支払いにも使えないのです。

カードローンを使用してお店で買い物をするとなると、このカードを使用して借入を行ない、いったん現金を手に入れる必要があります。いったん現金を手に入れられれば、後はその現金を使用して普通に買い物をすませることができるでしょう。

こちらのケースですと、そのカード発行元はお金を「貸し付けて」いるわけです。利用者は借り入れたお金を何にどれだけ使ったかに関わらず、事前に決められた方法にしたがって、利子をつけて借りたお金を返すことになります。一括での返済もありますが、分割で返済されるケースが一般的です。

似たものに思えるこれらのサービスですが、両者にはこのような違いがあるわけです。近頃のクレジットカードには、いったん現金を手に入れられるサービスが付与されているものがありますから、余計にややこしくなるのでしょうね(笑)。

違いが気になったときは本質的なサービスに注目し、いったん「現金を手に入れる」というステップを踏む必要があるか否かで判断するとよいでしょう。