Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/wkfinance01/star-lab.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
カードローン審査落ちた!原因について知りたいときはこれをチェック | 三菱東京UFJ銀行カードローンよりも審査が速いお勧めの会社

カードローン審査落ちたときの原因

カードローン審査落ちた!原因について知りたいときはこれをチェック

カードローンという便利なサービスをご存じでしょうか。お金を借りるたびに審査が必要という従来の常識に当てはまらない、柔軟な貸付を行ってくれるサービスです。手軽にサッとお金を借りられるため、周りにもほとんどわかりません。ほんの少しお金を借りたいだけである方にも適しています。

ローンの利用を考えている方にとって、この特徴はなかなか魅力的ですね。カードローンの利用を考えている方もいらっしゃるでしょう。

ところが、カードローンにも当然審査があります。お金を借りるときには審査が必要ない代わりに、サービスの利用を開始するときに審査があるのです。つまり、最初にローンの利用に適しているかどうかを確かめ、それをクリアした人にだけ、柔軟にお金を貸し付けるというサービスなのです。

サービス自体が融通の利きやすいものですから、人を選ばないとビジネスとして成り立ちません。これはやむを得ませんね(笑)。

実は、そうやって「人を選ぶ」ことによって、カードローンの利用を申し込んだが審査で落とされてしまったという方もたくさんいらっしゃいます。カードローンの利用によってできることを考えていた方にとっては、まさか審査そのものを通過できないとは……とガックリきているのではないでしょうか。

そして多くの方が「いったい自分の何が原因だったの?」と悩まれます。この点について、少し考えてみたいことがあります。

まず、「審査の結果をもっと詳しく知りたい」とお考えの方も多いでしょう。具体的に何がネックだったのか、それがわかれば今後に対応できますよね。もしかすると、すでにカードローン会社に問い合わせたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方はもうご存じのことと思いますが、カードローンの審査結果について、詳しいことは教えてもらえません。申請者が分かるのは審査の「結果」だけであり、具体的に所得などの申告内容に対してどのような評価が下されたのかは教えてもらえないのです。

当然、審査に落ちた場合も同様です。「審査に落ちた原因を教えて欲しい」と連絡しても、会社側は原因を教えないのが一般的です。そのため、その審査で落ちた原因をはっきり知ることは不可能です。

ですが、原因を推測することならできます。審査に落ちた場合は、一般的な傾向を考え、何が原因だったのかを考えてみましょう。

真っ先に疑われるのは、カードローンの審査における核となる情報です。現在の年収や過去の滞納歴などが該当します。

これらの情報はローン関係の基本的なものであり、望ましい水準に達していない場合、審査を通過するのが格段に難しくなります。年収は当然多ければ多いほど信用を得られやすく、少ないほど得にくくなります。また、過去に借入を利用しており、そのときに滞納をしたことがあると、やはり信用を得るのが難しくなります。

これらの基本的な情報には特に問題がないと思えるのであれば、後は各会社によって違う考え方が影響している可能性が疑われます。

例えば、年収自体は多いものの、職業が不安定であることが不安材料とされたり、過去に利用していた借入の利用頻度が高いことが問題視されたりと、各カードローン会社によってそれぞれの基準があります。これらに引っかかって審査に落とされるということもあり得ます。

審査に落ちた原因として、基本的な部分で審査に落とされている場合はどこを受けても審査に落とされる可能性がありますが、会社によって変わる基準によって落とされた場合、申請する会社によっては審査に通る可能性があります。後者の場合、適当に期間を空けてから、別の会社に申請するとよいでしょう。