Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/wkfinance01/star-lab.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
カードローン審査の一つ!確認の電話について理解しておきたいこと! | 三菱東京UFJ銀行カードローンよりも審査が速いお勧めの会社

カードローン審査、電話についての理解

カードローン審査の一つ!確認の電話について理解しておきたいこと!

カードローンというのは便利なサービスですよね。利用資格が得られれば、ATMなどを通じて簡単に資金を借入することができます。利用方法も自分でコントロールすることができます。これまで以上にローンをうまく活用する方法が広まったと言えるでしょう。

このカードローンに密かに興味を持っている方もいらっしゃるかと思いますが、審査が不安だという声が聞かれます。それも、「審査を通過できるかどうかが不安」というものではなく、「審査を受けることによって、借入を利用しているのが周囲に知られるのでは?」という不安を感じている方がいらっしゃいます。

カードローンの審査と言っても、決して身元調査などが長期間に渡ってされるわけでもありません。審査を受けることによって周囲に知られる可能性というものはありえるのでしょうか。

そのような不安としてよくあげられるのが「業者からの電話」です。カードローンの審査の一つとして、申請者が記入した自宅や職場の連絡先に、業者側が実際に電話をかけるというものがよくあります。

カードローンはあまり大げさなローンではないように感じられますが、ローンであることは間違いありません。お金を貸し付けるにあたって、相手が信用にたるかどうか、きちんと確認されることになります。

その一環として、記入した職場に本当に申請者が在籍しているのか、記入された住所や電話番号に偽りがないかをチェックするわけです。

困ったことに、審査に通りたいがために虚偽の情報を書いて申請する方がたまにいらっしゃいます。大企業の名前を書いておけば信用が得られ、審査を通過できるのではないかと考えられるようです。このような虚偽の申請を防ぐために、電話確認がされるのです。実際に申請された連絡先に電話することによって、ウソは露見します。ちなみに申請内容に虚偽の内容が含まれていた場合、100%審査は通りません。

このような仕組みになっているため、電話確認はどうしても必要な部分もあります。貸付側もお金を貸し付けるにあたって、基本的な信用に関してはかなり神経質になっていますから、どうしても確認として必要なのです。

ですが、「電話をかけられたら借入を利用しようとしていることがバレるのでは?」という利用者の不安はもっともです。この電話確認に関しては業者側がうまく配慮してくれることが多いことを理解しておきましょう。

業者側が電話連絡する際、業者側は自社の名前を名乗らないことが多いのです。

銀行などであれば名前を出しても用件までは察せられませんが、消費者金融となると用件はどうしても限定されます。そして、消費者金融も大手企業となると、非常に知名度の高い企業も存在します。そのような企業である場合、安易に自社の名前を名乗ってしまうと、やはり借入に関する何かの用事であることが電話を取り次いだ方にはわかってしまうでしょう。

このことについてはきちんと配慮され、業者側は担当者の個人名で電話をかけてくれることが多いのです。自社の名前は伏せ、個人名で電話をかけ、あくまで申請者の在籍を確認するだけの連絡に止まります。もちろん、電話を取り次いだ方に「カードローンの審査を行っているので、○○さんの在籍を確認したい」といった事情まで話すことはまずありません。したがって、カードローンの申請にかかる在籍の確認の電話であることはまずわからないでしょう。

このように、業者側もきちんと配慮をしてくれます。ですので、カードローンに興味がある方は心配せずに審査を受け、申請は正直に行なってください。